グレーゾーンの撤廃と銀行系の登場

キャッシングやカードローンで借入をすると、その金額に対しての利息が付きます。

この上限金利は法律によってきちんと決められています。

お金の貸し借りには、利息制限法と出資法が関係します。

かつては、利息制限法上、貸金業の上限金利は10万円未満で年に20%、10万円以上100万円未満で年18%、100万円以上で年15%と定まっていたのですが、出資法の上限金利上限金利が29.2%まであり、この二つの法律の差がいわゆるグレーゾーン金利となっていたのです。

しかし、平成22年6月に出資法の上限金利が引き下げられ、年20%までとなったとこによって、現在はグレーゾーン金利は消滅しました。

これにより、利用者はより安全かつ低金利でキャッシングやカードローンを利用できることとなったのです。

また、グレーゾーン金利の撤廃により、多くの消費者金融業者が経営不振に陥りました。

そこに目を付けた銀行が消費者金融業者を吸収していったのです。

これにより、銀行は消費者金融業者のサービス面のノウハウを手に入れることになりました。

現在、多くの大手消費者金融業者が銀行のバックアップを受けているのはこのためです。

そして、利用者にとっても、銀行という母体が存在することにより、より安心してキャッシングやカードローンを利用して借入を行えるようになりました。

また、銀行から直接借入できるサービスもあり、利用者にとって選択の幅が広がることになったのです。