借入金額と返済方式

カードローンで借入を行うと、当然借りたお金に利息を付けて返済しなければなりません。

一般的にカードロンではリボ払いが基本です。

キャッシングのリボ払いには、借入額の残高に応じて返済額が変動する残高スライド元利均等返済方式や、毎月の返済額が一定になる元利定率リボルビング方式があります。

どちらの方式でも、リボ払いはたとえば20万円といった多額の融資を受けても、毎月の返済額は小さくなります。

もちろんその分、返済回数は増えてしまいますが、月々の支払いが一定になれば、毎月の家計のやりくりが楽になります。

ただし、50万円を超えるなど、あまり大きな金額の融資を受けてしまうと、返済期間が1年を超えることになり、その分トータルで支払う利息も増えてしまいます。

リボ払いというのは便利な反面、返済能力以上の借金をしてしまうと、いつまで経っても借金が減らないという事態に陥ってしまうので注意しましょう。

もっとも効率の良い借り方は、10万円~20万円までの借入をして、給料日毎に一括返済、もしくは2~3ヶ月で完済していくことです。

それ以上にお金が足りなくなってしまったときは仕方ありませんが、どうしても困るとき以外は安易に金額を増やすことは控えたほうが無難です。

こうすることで、借金の管理が容易になり、自分が現在いくらほど借りているかを把握しやすくなります。

便利になったとは言っても借金であることを忘れずにサービスを利用していきましょう。